【物々交換プロジェクト Win=Winプロジェクト】の次は?

薪ストーブに点火しました。

  • 20191204080015733.jpg


【継続・承継を考えると】

パン屋が無い!
そんな簡単な思いから、パン屋を作ろう!
と思いました。
なんと浅はかな!

計画前から、パン屋一本で稼げるとは思っていなったので、民泊他をしやに入れて生計を立てる計画をしていました。

現実、パン屋を作るのに、まだまだ資金が必要です。

今回、知り合いの方が、パン屋作りでクラウドファンディングをされいますが、それだけでも、パン屋をオープンさせる事は不可能です。

多くのお金が必要です。

そして、継続させていくと言う本気度です。

恥ずかしながら、私は、パン屋一本なんてとても無理だと考えていましたので、そこから、甘さがあったと深く反省しています。

何が言いたいか?

当初の計画は、今後、未定と言う事です。

ただ、パンの勉強に行って、それを何もせず風化させる事は、いけないと思い続けていました。

その結果、まずは、パンを提供できる何かをしよう!

と思いました。

それが、今回の【物々交換プロジェクト Win=Winプロジェクト】です。

毎週、一回から二回の割合で、パン作りをしていく。
そして、数年後に、出来れば週末だけのパン屋がオープン出来れば、目標達成できます。

ただ、それも、どうなるか?
オープンして、継続できないようでは、意味が無いです。
今後、安芸太田町は、更に、過疎化が進行していく事は明確です。
それでも、継続できるのか?

若い人が夢を持ってやってきて、承継してくれるか?

そういった将来のビジョンを明確にしないで、簡単にパン屋をしますと言った、自分です。
どうにか、公約を果たせたい!

【物々交換プロジェクト Win=Winプロジェクト】は、出来るだけ継続して行きたと思っています。

そして、これで交換した物品を今後は、子ども食堂に届けるなどの形にしていければ、更に、やっている価値が高まると思います。

今回、頂いた野菜等は、一人で食べれる量では無いので、もう少し集まったら、子ども食堂他に提供したいと考えています。

長文になりましたが、何卒、現状をご理解頂ければと思います。

今日も、精一杯、生きましょう!

この記事へのコメント